おまけとノベルティの違い

おまけとノベルティの違い

このごろ、女性月刊誌とかで「おまけ」つき雑誌、よく見かけますよね。最初の頃はミニポーチとか、ちょっとしたハンカチみたいのとかそんな程度だったと思うのですが、このごろはなんかすごいですよね。

トートバッグとか、ポーチとかでも多機能のものだったり、なんかダイエットエクササイズで使う器具だったり。スチーマー鍋がついてるのもありましたよ。

それはそれでまぁいいんですけども。

ただ、ポーチとかね、バッグとかはどうなんでしょうか。

そういうのを持ち歩くのって、ちょっと微妙な感じがするのは私だけでしょうか。だいたい女性って、持ち物が誰かとかぶるのって嫌うものでしょう?

同じもの持ってる人がいると、「あ、やば」とか思うじゃないですか。女子中学生とか高校生が、友達同士でお揃い持ってるのはかわいいけど……。

そのうえ、その出所? がわかるというか「あ、あの雑誌のおまけのやつ」って思われるのもちょっとなんだか違和感を感じるんですよねぇ。

だけど、ノベルティ、となるとまた、話は別なわけですよ。

好きなブランドとかで買い物するともらえるちょっとした小物とかスカーフとかね、そういうものは逆に自慢したくなるわけです。それは、誰かとバッティングしちゃっても、かまわないというか、逆に「あ、あなたもココのが好きなの?」って盛り上がれるしね。

ノベルティのなかには、なかなか手に入らないとか、よほどショップの顧客じゃないともらえないものとか、そうなってくると自分からは言えなくても、みんな「気付いてよ!」って時もあるし(笑)

ずいぶん昔のことなんですが、バカラショップでクリスマスのショッピングをすると(たぶん一定金額以上だったと思いますが)、ピンバッジをくれた時があったんですよ。ちょうど主人のプレゼントにイニシャルをいれたロックグラスをプレゼントしたときで、そのとき、バカラのクリスタルでできた小さなクリスマスモチーフのピンバッジをもらったんです。

これはもうお気に入りで、今でも冬のシーズンになると白いコートの襟につけるんですが、ときどき友達が気付いて「可愛いわね、それどこの」なんて聞いてくれると嬉しくなります。

それで、急いででかけたときとかに、とりあえずそこにあったポーチに化粧品つっこんで、たまたま化粧室で隣り合わせの人も同じ「おまけポーチ」持ってたりすると、「げげ」って思ったりもするし……。

女心はなかなか複雑なのです。

ホンダエヌワン

プロの指導の下、トレーニング

格闘家の体ってまじまじと見るとやっぱ凄いですね。スポーツをかじってる程度の人と比べたら、天と地ほどの差です。

私の知り合いに1人、元異種格闘技の選手がいるのですが、引退した今でも体は凄いです。一緒にジムに通ったりするんですが、あれは男でも惚れる体です(笑)。

ただ、そんな体を維持するのはやはり大変のようです。生活に筋肉を鍛えることが当たり前のように組み込んでいるのですから。でも本人は辛いと思っていないようです。もう生活の一部なんでしょうね。

彼曰く、筋肉を鍛えることは一番の健康法なんだそうです。代謝活動を活発化させていつまでも細胞を若く保ち続けるにはそれが一番なのだとか。確かに40歳オーバーの彼ですが、見た目は30代前半ってところです。後ろから見たら、20代でも通用します。

そんな彼の影響を受け、今では彼のアドバイスの元、私も筋肉を鍛えるように無りました。はじめは自宅でできる簡単なエクササイズを教わり、体を慣らすことから始めました。体を柔らかくして、怪我を防ぐためです。

エクササイズじゃつまらないなと思っていたら、大間違いでした。軽いストレッチ運動でも次の日には筋肉痛になってしまったのですから。ストレッチも筋トレと同じなんですってね。この程度で筋肉痛になってしまっていたら、いきなりダンベルやバーベルで負荷の重いトレーニングをしたら体を壊してしまっていたことでしょう。

数ヶ月エクササイズで体を慣らし終えたところで、ジムにようやく通えるようになりました。そこでもまずは軽いトレーニングからです。とにかく焦らず、負担の少ない運動から成らすのが大切なようで。

時間が無くてジムに通えない時は、近所の公園まで散歩がてら歩いていき、鉄棒で懸垂をすると良いといわれました。上半身の筋力UPには懸垂がおすすめらしく、背筋や腹筋も刺激されていることが次の日の疲労感でわかるようになりました。腕の力だけで懸垂を行なうわけじゃないんですね。

こんな生活を毎日とはいきませんが、週に2~3日行なうようになって半年近く経ち、体重は減りました。上半身に筋肉もつきました。下半身はまだちょっと運動不足らしく、あまり変化がありません。

昔は無茶な運動してダイエットを行い、足腰を痛めてしまった経験がありますが、元格闘家の知人のサポートの下行なうと、やっぱり違うなと感じました。はじめは無理せずゆっくり慣らしていく。これが大切なんですね。